風速計とは風速を測る装置になりますが、その中でも多くの種類が存在しており、設置場所によって適正の風速計を使用する形になります。一般の家庭で風速計を使って風の強さを観測しますが、主には飛行場や塔、山頂に設置されることが多いです。仕組みとしては、風邪によって風速計が回転し、その回転のために使われているPhotointerupterや発電機などのカウンターが数値や電気信号として表示される仕組みになっております。種類にもよりますが、基本的には風の強さのみを測る計測器になるので、風向きも一緒に測りたい場合は風向計が必要です。気象庁の気象観測用として設置する業種によっては別の装置と同時に使用する場合が多いです。風速計をこれから購入しようと考えている方は、どういった計測器で、現在どのように使われているのかを理解した上で購入してみてください。

風速計のメリットや人気の特徴を紹介

風速計は種類が多く出回っており、それぞれ適している用途が違うので、特徴内容をしっかり確認して自分に合っている風速計を購入してください。超音波式タイプの風速計もありますが、主に業者向けの大型タイプがメインになり、ご家庭向けではないためおすすめはできません。ご家庭向けはざっくりと三種類になります。まず一つ目はプロペラ式で、スモールタイプで値段が手ごろ、持ち運びもしやすいと機能性抜群のタイプです。ポケットに収まるくらいの大きさなので、様々なシーンで役立ちます。二つ目は熱線式で微風までも検知できてしまう風速測定が可能です。値段は少々張りますが、微風も検知できてしまう程の高精度なので人気があります。三つ目は雨の日の屋外でも使える防水カップ式です。防水仕様になっているため、吸排気ダクトや気象観測の調査に使われます。

風速計のおすすめ商品をピックして紹介

風速計で人気となっている商品は各それぞれ特徴があります。まずは精度と金額のバランスです。精度がいい風速計はやはり高額になってしまいますが、近年では高い技術により低価格でも高精度な風速計が販売されています。風速機能だけがついているだけの風速計よりかは、他の機能がついている風速計が人気の傾向にあります。例えば、温度も同時に測定する機能や、バックライト機能、三脚に取り付けが可能、といったものがメジャーです。近年では、スマホに設置する風速計も販売されており、精度はそれほど高くはないですが、どこでも手軽に使える特徴を持ち合わせています。スマホにアプリをダウンロードすれば、風向きと風速とを表示してくれます。また、スマホにGPSが搭載されているので、位置情報をメールやSNSに送信する事も可能で、複数人で風の情報を調査できます。