愛好家も多いラジコンヘリや、最近ではドローンを楽しむ人達も増えてきている中で、風速計の購入を検討されている方が多くなってきています。単に風速計といっても、種類も様々で一般家庭で利用するとなれば、どのようなタイプの風速計を手に入れればいいか困ってしまいます。気象観測や、工事現場などで使う際にも種類を見極めて決めなければなりません。そこで、風速計にはどれだけの種類があって、それぞれどのような特徴があるのか、そして風速計を使うことによって発生するメリットやデメリットはどのようなものか紹介します。アウトドアで風が気になる時、野外でスポーツをする時、そして野外イベントの時など、風の強さがどれくらいか気になる際に分かっておきたい様々な場面で効率よく活用できるように参考にして下さい。

風速計の種類とそれぞれの特徴を紹介します。

まず風速計の種類であるのが、風車型です。風車のように、機械に備え付けられたプロペラを使って、その回転速度から風速を測定します。値段も比較的手ごろで、大きさもポケットに入れることができるような小さなタイプもあるので、一般家庭でよく役立ちます。次に紹介するのは、熱線式の風速計です。センサーに風が当たると冷却されて電気抵抗がうまれます。その変化を測定して風速を出します。微風も検知することができる分、値段もプロペラ式よりは少し高いものが多いです。また、杯のような半球型のカップが付いたものもあります。カップが回転することによって測定しますが、防水型もあるので雨が降っても使用できるのが魅力的です。気象調査にもよく使われます。他にも、三脚に取り付けられる風速計などもあります。これだけの種類があるのは、風速計のメリットといえるでしょう。

風速計の種類によってメリット、デメリットもそれぞれあります。

デメリットとしては、風速計の種類が多いからこそ、きちんと自分の使用目的に合わせて選ばなければいけないということです。機械によっては、風速だけでなく、温度などを併せて測定できるものもあります。反対に、杯タイプの風速計は、風向きが分からないので、風向計とセットになっているものも多いです。微風の風速を知りたい場合は、熱線式の風速計を選ぶのがお薦めです。エアコンのダクトなどで使用されることが多いです。また、屋外で使用するにあたって防水加工がないものなど、機会の故障に繋がる恐れもあります。最近では、超音波を使って風速を測定するタイプも出てきています。風速を測る際に必要な可動部分が必要ないので小型化できて、耐久性もありますが、雑音によって障害を受けてしまうこともあります。風速計の種類や仕組みなどについてよく学んだ上で満足できる風速計を選びましょう。