風速計を仕事で利用している人には当然なじみがありますが、風速計って何と思う人も多いです。使ったことがなければ見たことも無いとなると、実際に使用するときに困ります。そんなときのために、風速計の基礎知識だけでも頭に入れておくといざというときに困らずに使用することができます。風速計とは読んで字のごとく風速を測る器械です。主に使用される場所は、山頂などの高いところ、飛行場などでも設置されています。また天気予報で今日の風速はと天気予報士の方が説明する場面がありますがそういった時にも風速計というのは活用されています。山頂などの高いところでは風速によって山への出入りを禁止したりする場合などに役立てています。飛行場でも同じように風量などで離陸、着陸時の安全確認などを行なったりします

風速計の種類とメリットを紹介します

様々な場面で活躍する風速計ですが、その種類は使う場所や条件によってさまざまなものがあります。例えば風車の原理を応用して作られた機械式というものがあります。機械式は、風車と同じようにその回転する数を測定することで風の速度を計算するものです。特に多く用いられる場所としては気象観測の時です。ほかには、熱線式というものもあります。これは中に入っている半導体に熱を加えます。その加えた熱を風の力で冷ましていくわけです。この冷ます時間によって風速を計算する方法です。この熱線式の風速計は主に、工場など室内の風の流れを読むときなどに活用されます。また音を使って風速を測る超音波式という風速計もあります。これは音がどれくらいの速さで伝わるかを風の種類によって計算する方法です。外で使用されることが多いです。

風速計にはその種類によってさまざまなメリットがあります

風速計は、その使う場所によってその場その場で一番使いやすい風速計を利用するように多数の種類が開発されています。それぞれに良いところ、メリットがあるわけです。風速計は陸上競技でも利用されることがあります。陸上競技は風の向きや速さによって結果が大きく左右されることがあります。アスリートのトップ選手、オリンピックに出るような選手になる0.01秒の差で一位と二位が入れ替わってしまったりします。その0.01秒というのはちょっとした風量や風速によって変化してしまうわけです。そこで風速計を用いてその日の風速をしっかりとチェックします。追い風の場合、いつもより速いタイムが出てしまうことがありますのでそういった場合は公式の結果としては残らないこともあります。記録としては追い風参考記録というものになります。風速計は天気のこと以外でも多様な場面で活躍する機器です。