農業や漁業、建築関係など様々な現場での風速や風向きの影響は大きく、作業工程を左右するものです。旗のなびき具合から風力の目安を判断したり、風力階級表を活用した風速の予測をしたりする方法もありますが、より正確な気象観測のためには風速を数値化する必要があります。その為の風速計にはいくつかの種類があり、風速計を活用するにあたっては、その種類ごとの特徴を押さえておく必要があります。まず風車がどれくらい回転するかで風速を計測する機械式については、シンプルな構造であることから自作することも可能です。一方で風車の重量があると微風を観測することが難しいという点もあります。熱線式は加熱した状態の白金線などが風で冷やされる度合いを利用して風速測定をするもので、持ち運びにも便利です。一方で極端な低温・高温、埃に弱いという面があります。音の伝達速度を利用して測定する超音波式は、屋外に設置される場合が多いものです。

風速計を使用する際の具体的なメリットとは

続いて風速計を活用する具体的なメリットをご紹介します。まず多くの種類が存在するので、計測する上で目的や環境、精度など重視したい内容によって選択ができる点がメリットと言えます。風速計を選ぶ上での目的や使用する場所などをはっきりさせておくことがポイントです。また風速計には風速のほかにも風向きや風力の計測が可能なものもあり、台風や竜巻など自然災害に対する対策にも活用することができます。風速計の設置に関しては学校の百葉箱の設置なども進んでいる日本ですが、近年起こっている異常気象への対策には、日頃からの観測データの蓄積がとても重要で、風速計はこうしたデータ収集の重要な役割を担っています。またデジタル化により風速計もさらに便利になりました。最近ではパソコンやスマートフォンと接続することで、計測データの管理がすぐにできるようになった点も利点です。

風速計を活用する上で知っておきたいデメリット

種類が豊富な風速計ですが、その反面、目的や環境に適したものを選ばないと本来の効果が発揮できない可能性もあることを知っておくことが大切です。風速計のデータは人命に関わる場所においても重宝されていますが、きちんと活用するためには使用する環境を把握した上で、そこで使用する目的に見合った種類のものを選ぶ必要があります。またデリケートな測定器自体は霧や豪雨といった天候の影響を受けてしまうものなので、天候が極端に悪い場合は計測データの精度に欠ける場合があるというデメリットもあります。超音波式のものであれば、こうした悪天候を想定した場合でも影響を受ける心配が少ないですが、風の向きや風量値の確定のために電算機処理が必要になるという面もあります。目的やどのような状況下で使用するかを明確にした上で、風速計に関する知識が豊富な人に選定を依頼するのも一つの方法です。