風速計を設置することで得られるメリットはたくさんあります。よく皆さんが見る風速計の使い方としては天気予報があります。天気予報士がよく言う風速何メートルというのは、この風速計で測ったものに当たり一般的な使われ方です。風速計を使うことのメリットには様々なものがあります。最近では自然災害の対策にも使用され、大変役立っています。日本でも異常気象と呼ばれるものが頻繁に起こっています。昔では考えられなかった竜巻や巨大台風でたくさんの被害が出ているのが現状です。風速計を使ってその規模を測れるようになったということは、これから先起こるかもしれない自然災害の兆候を察知することができるようになるわけです。現在の風速計は自分が持っているスマートフォンなどと連動してデータを保存できるようになっていて利便性に富んでいます。

風速計にはさまざまな種類があります

風速計と聞いてピンと来る人はどれくらいいるでしょうか。風速計を利用した仕事をしない人にはイマイチ何をする道具なのか理解できないという方も多いです。風速計は読んで字のごとく、風速を測る測定器のことです。風速計には様々な種類が出ていてその種類によって特徴が違います。基本は本体が風に吹かれることで回転を起こします。その回転する速度などによって数値を表示化して教えてくれるのが風速計です。気象庁や電力、運輸等を供給する事業が利用しています。主に気象観測用として用いられています。また家庭用としても一般的に発売されています。風速計は、風杯型風速計と風車型風速計、超音波式風速計の大きく三つに分かれています。それぞれに違った特徴があり使う場所や用途によってその種類を使い分けるようにしています。

風速計は様々な場所で活用されます

その様々な種類がある風速計ですが、どのような場面で活躍するかというと、よく使われている場所としては山頂や、電波塔などの高い塔、飛行場などがあります。大きさはそういった広い場所に置いておける大きい風速計から、手のひらサイズの小さい物まで数多く存在しています。その使用方法は目的や場所によって変化します。陸上競技でも利用されるのが風速計です。近年では、風車タイプの風速計が主流になっています。風車タイプの風速計は主に山頂などに設置されているよく見かけるものです。ほかにも超音波風速計があります。こちらは世界各国でも使用されている風速計になります。耐久性がありますのでへき地などの劣悪な環境にも置くことができる風速計です。超音波タイプのものは、飛行場などの風の影響力がとても強いところに設置されています。